お葬式には故人の人柄や人生が反映される

亡くなった人がどのような人生を歩んできたかによって、お葬式の雰囲気も変わってきます。
まだ未来がある若い人が亡くなったときには、お葬式の会場も悲しみで包まれるのが普通です。
その場にいることすら苦痛になるような葬儀も多いです。
犯罪被害や交通事故で急に亡くなった場合などには、嗚咽が聞こえてくる場合もあります。
長く病気をしていた場合には、悲しみは少し和らぐ傾向にあります。
闘病生活の中で、周りの人にもある程度の覚悟ができているのがその理由でしょう。
お年寄りの大往生の場合には、こうした悲しみが場を支配することは稀でしょう。
むしろよく頑張ったという賞賛の方が多くなる可能性が高いです。
ひょうきんな人が亡くなった場合などには、会場には笑顔が多くなることもあります。
どのような葬儀になるかで、その人の人柄や人生まで分かってきます。
ですから、自分が死ぬときには人が笑っていられるようにしたいものですね。
笑って穏やかに送り出してもらうほうが、死ぬ方としても安心ができます。

インドア派の貴方に最適!

夏は涼しく冬は温かいお部屋に

紙の書類を一気に電子化

店舗の盗難防止に

強力な盗み対策をご提案

最新記事